恋愛運占いは恋のヒントになる【しるべに従い行動する】

誕生石を身に着ける

石と花

買う前に調べるべきこと

宗教的な意味はないのですが、世界中の人に支持され熱狂的なファンを有しているパワーストーンの存在をご存知でしょうか。科学的な証明はされていませんが、古代から現代まで特殊な力をもっているとして身に着けている人が多くいらっしゃいます。基本的には貴石や半貴石といった宝石類が使われますが、現代では素材に使われる範囲が広がっているのです。金銀といった貴金属から、岩塩やガラス工芸品であるトンボ玉まで多岐にわたっているため、販売している店舗も雑貨店からパワーストーンの専門店まであります。素材の範囲も販売している店舗も多種多様になってくると、初心者はどんなパワーストーンを選んでよいのかわからなくなるのです。そこでおすすめしたいのが自分の誕生石を、パワーストーンとして選ぶという提案になります。日本に誕生石の知識が伝わってきたのは20世紀頃アメリカからですが、古代バビロニアでも運気を上げるために誕生月の石を身に着けていました。古代バビロニアでは既に誕生石が、パワーストーンという役割をはたしてくれることを知っていたのです。誕生石は一つのパワーだけでなく、複数のパワーがあり例えば健康面と精神面そして人生に起こりうる様々な事をサポートしてくれます。近年ではブレスレットにして身に着ける人を多く見かけますが、実は身に着ける場所によっては更にパワーアップが期待できるのです。これは星座によって違いペンダントとして胸につけるべきなのが射手・獅子・牡羊座で、耳につけるとよいのが牡牛・双子座などがあげられます。他にも左手を指定したりブローチとして胸につけるとよいとされる星座もあるので、自分の誕生石が最もパワーを発揮させる場所につけてください。